料理人として独立するのか?このまま雇われなのか?そんな悩みを解決する年収1000万円を超えて、理想のライフスタイルを一緒に実現するための、安倍南北のブログ

安倍南北の秘密の話

12ヶ月プログラム

料理人で年収1,000万円を超える方法を教えます!やるかやらないかはあなた次第です。

投稿日:

平均年収が低いと言われている飲食業界で、料理人として年収1,000万円を超える方法はあるのでしょうか?結論から先にお答えします。

イエスでもありノーでもある。

が僕の答えです。

料理人として「お金を稼ぎたい」とか、「お金持ちになりたい」という話をした時に決まって出てくる言葉があります。それが「料理はお金儲けの為にするんじゃない」とか「料理はお客様の笑顔がみたくて作るんだ!」という言葉です。

はっきり言います。そんな事を言ってる人は稼げていない人です。自分が稼げていないから、他人にも同じ事をさせて稼げないようにする一種のマインドコントロールみたいなものです。

料理人として稼ごうと思ったらそんな人とは付き合わない方が良いです。縁を切るまでは行かなくてもよいですが、距離を取るべきです。料理人のあなたが日本で飲食店を開業するとしたら、公庫や信金なでお金を借りることになると思います。

日本は資本主義の国です。資本主義というのはグーグル先生で調べてみると、

生産手段を投資家や企業者の階級が所有し、自分たちの利益追求のために労働者を働かせて生産を行う経済体制のこと。

とあります。

つまり、日本で仕事をする上で利益追求をすることは至って普通の事なのです。それが飲食店の料理人だろうが、サラリーマンだろうが、美容師だろうが、医者だろうが、弁護士だろうが芸能人だろうが利益を追求して当然。

むしろ利益を追求しないのは非国民であると言っても過言ではありません。ですので、飲食店でお金を稼ぐということは当然の事なのです。むしろ稼がなくては飲食店を続けて行くことはできないのです。

料理人とは職業ではなく生き方だ!

お金が逃げていく

僕の好きな言葉に「料理人とは職業ではなく生き方だ!」という言葉があります。これはどういうことかというと、職業として料理人をするのではなく常日頃から、食に関する情報や食べるものには気を使って口に入るものには特に注意をするべきだという考えの言葉です。

休みの日にテレビをみていても、美味しい料理に関する番組があれば気にしたり、彼女とデートする時には盛り付けの勉強になるように美術館に言ったり、そのデートの最中に行列店ができていたら何のお店なのか気にしてみたりと常に食に関してのアンテナを張ってましょうということです。

「料理人として年収1,000万円を超えるための方法」の料理人の定義を決めたいと思います。それによって年収1,000万円を超えることができるのか?の答えが違ってきます。今回の料理人の定義は料理人を職業ではなく生き方だ

という事にした場合、

ホテルや個人飲食店(レストラン・居酒屋など)で働いている人は料理人でいいですよね?

チェーン店で働いているキッチンスタッフは料理人でしょうか?これは料理人ではないですね。

給食センターや病院の食事を作る人も料理人ではないですね。

料理研究家これは料理人ではないですね。(人によっては料理人)

料理教室の先生は料理人ではないですね。

調理学校の先生も料理人ではないですね。

今回お教えする「料理人が年収1,000万円を超える方法」で一番達成するのが困難なのが、ホテルや個人飲食店で働いている人です。絶対に無理というわけではないですが、かなりの努力が必要となるのは間違いないです。

料理人の平均年収はいくら?

料理人の平均年収を知っていますか?

平成27年の厚生労働省が公表している賃金構造基本統計調査によると料理人の平均年収は43歳で331万円で料理人見習いの平均先週は263万円だそうです。

世代別の年収でみてみると

年齢年収
20~24歳188.1万円
25~29歳184.3~234.3万円
30~34歳157.4~257.3万円
35~39歳189.7~293.7万円
40~44歳209.0~330万円
45~49歳247~369.6万円
50~54歳286.0~396.0万円
55~59歳282.7~392.7万円
60~65歳167.3~392.7万円

最大年収を迎えるのが50代で396万円となっています。50代で朝から晩まで働いて396万円の年収はきついと思いませんか?やはり料理人の平均年収は低いですね。

体は動かなくなるし、子供も大きくなっているかもしれません。進学するのにお金もかかるし両親の体調も悪くなるかもしれません。

そんな不安を取り除いてくれるのがお金です。

サラリーマンの平均年収はいくら?

料理人の平均年収はわかりましたね。料理人の平均年収は低いと言われがちですが、本当にそうなのでしょうか?

日本を支える企業戦士サラリーマンの平均年収と比べてみましょう!日本の平均年収の調べ方は色々な統計があるので若干の違いはありますが、主に

  • 厚生労働省:毎月勤労統計
  • 厚生労働省:賃金構造基本統計調査
  • 国税庁:民間給与実態調査
  • 総務省:地方公務員給与実態調査

などから算出すると、

平成29年度:432万円

平成28年度:422万円

平成27年度:420万円

平成26年度:415万円

平成25年度:414万円

平成24年度:409万円

となっています。

男性の平均年齢が45.9歳、女性の平均年齢が46.1歳です。

ですので料理人の45歳〜49歳の年収で369.6万円と比べてみてもおよそ60万円近く平均年収が低い事になります。やはりサラリーマンと比べてみると料理人の平均年収が低いことがわかります。

年収1,000万円を超えるカラクリとは?

収入と支出

年収1,000万円を超える人はどんな人でしょうか?そしてどんな方法で年収1,000万円を超えているんでしょうか?

パッと思いつく限り、スポーツ選手・芸人・俳優・ミュージシャン・漫画家・IT会社社長の人たちではないでしょうか?これらの人に共通して言える稼ぐカラクリというのは自分が働かなくてもお金を生み出すシステムを持っているという事です。

例えばスポーツ選手の場合。主に会社からの給料としてもらっていますが、そのほかにCMやグッズが売れたらそのロイヤリティも入ってくるのでそれが積み重なり、年収1,000万円を超えることができるのです。

芸人さんの場合も同じく、一度のテレビ出演のギャラはそんなに多くありませんが、それをDVDにすることで売り上げの数%を得ることができます。それを何回も繰り返して行くうちにどんどんと収入が増えて行く事になります。

ミュージシャンも同じですね。ダウンロードやカラオケで歌われるたびに売り上げが上がるシステムになっています。最近ではYouTubeの動画でのPVで稼ぐというのも同じもうけのカラクリですね。

料理人として年収1,000万円を超える方法とは?

以上のように料理人の年収が低いことがわかっていただけたと思います。そして年収1,000万円を超える人たちがどのように稼ぎ出しているのかもわかっていただけたと思います。

では、「料理人として年収1,000万円を超える方法」の場合どうしたら良いのか?やはり基本的にはあなたが働かなくても収益をあげるシステムを構築することが重要です。

そしてリスクが少ないという事も大事です。いきなり数十万、数百万の仕入れをして売れなかったらそれは無駄になってしまいます。そのようなリスクも避けて始められるものが良いです。

これらの事を踏まえてまずはブログで情報発信するということから始める事をお勧めします。そこに広告を貼ったり、アフィリエイトリンクを貼ったりしてまずはネットで稼ぐことができるという成功体験をしてください。

はじめは一円や十円くらいかもしれません。しかし、それを継続することで100円になったり1,000円になったりします。ここまでくればあなたは成功したも同然です。毎月何もしなくても1,000円をインターネットを使って稼ぐことが出来たら後は同じ事を繰り返すだけです。

記事数を倍に増やせば、PVも増え売り上げも増えます。そして10,000円くらいの利益になったら、今度は同じノウハウを使って別のジャンルで新しいサイトを構築するだけです。

そうなると2つのサイトから毎月10,000円ずつの売り上げが上がるようになります。1年間にすると24万円の収入が増えます。もちろん一度作ってしまえば、そんなに手間はかかりません。

一度の小さな成功体験を積み重ねていく事がビジネスを加速させるには大事なポイントです。1年間で24万円の収入が増えたからといって年収1,000万円にはほど遠いよと言われてしまいそうですが、わかっています。

かつての僕も、個人飲食店で月に18万円の給料で毎月285時間くらい働いていました。もちろんボーナスなんてありません。そんな過去の経験があるので、料理人のあなたが時間もお金もないことはよくわかっています。しかし、あなたの現状を変えるにはあなたが行動するしか方法はありません。

週に1回の貴重な休みかもしれませんが、休みの前日にお酒を飲むのを我慢して、ブログを書いてみてはどうでしょうか?休日に1週間分の掃除と洗濯を終わらせてブログを書いてから外出してみてはどうでしょうか?

料理ばかりしていて、ブログなんて書いたことないという人も多いと思います。実際僕もそうでした。貴重な週に1回の休みをブログに費やすなんて勿体無いと。

しかし、情報発信して成果がで始めるとそんな過去の自分を叱ってやりたいと思いました。なんでもっと早く正しい情報をゲットしなかったんだ。もっと早くブログを始めていなかったんだと。

そんな経験があるからこそ、あなたにもお勧めできるのが「料理人のための理想のライフスタイルを目指す12ヶ月プログラム」です。これを実行することで料理人として年収1,000万円を超える事が可能です。

料理人のための理想のライフスタイルを目指す12ヶ月プログラム

1か月目:目標設定する

2か月目:SEO概論

3か月目:キーワード選定

4か月目:コンテンツ作成

5か月目:読んだ人が購入したくなる文章の書き方

6か月目:前半の復讐と後半の予定

7か月目:会社法人とは何か?

8か月目:副業でお金を稼ぐ(パートナー&顧客から個人として必要とされる人材へ)

9か月目:信用創造でお金を創る(仕組みを学び500万円から1千万円を調達する)

10か月目:物販ビジネスでお金を回す

11か月目:株式投資で資産を増やす方法

12か月目:これまでの総集編とこれからについて

価格98万円(税抜き)

この価格にはサイトの作成料も含まれています。

すでにブログを運営していて、いらないという方は58万円(税抜き)となります。

 

注意事項

お支払いは銀行振込にてお願いいたします。

お客様の都合で途中解約の場合、

お支払いいただいた金額は返金いたしかねますことをご了承ください。

無料で1つ公開

「料理人のための理想のライフスタイルを目指す12ヶ月プログラム」に興味が湧いたという方はまずはこちらをご覧ください。

第3章「株で固くお金を増やす」|目標年収1,000万円を目指す5メソッド

これは11ヶ月目にある株式投資で資産を増やす方法とほぼ同じものです。これをみていただけると、年収1,000万円の壁というのが超えられそうに感じませんか?

僕も今現在は年収1,000万円には達していません。この12ヶ月プログラムを現在進行形で行なっています。ですので共に料理人として年収1,000万円とい高い壁を超えてみませんか?

-12ヶ月プログラム

Copyright© 安倍南北の秘密の話 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.