Level1

飲食店廃業率の高さを解消する方法とは?|原因とは?対策はどうする?

飲食店の廃業率をご存知だろうか?

開業3年で7割が廃業し、10年継続できる飲食店は1割と言われています。

さらに詳しく内訳をご紹介しましょう。

1年未満で閉店した割合は34.5%、

2年以内で閉店した割合は15.2%、

というデータがあります。

このデータが示すものがあなたはわかりますか?

1年以内の閉店率と2年以内の閉店率を合わせると、49.7%となります。つまり、飲食店の約半分はオープンして2年以内に廃業しているのが現状です。

あなたの住んでいる町でもそのような光景を目にした事があるのでは無いでしょうか?この前までカフェだったのに、パン屋さんになってった。

またしばらくしたら、イタリアンバルになっていた。また2~3年したら、コンビニになっていた。

飲食店が廃業しやすい理由とは?

なぜ、飲食店の廃業率はこんなにも高いのか?

その理由を2つ挙げるとすると、

「競合店の存在」

「人手不足」

になる。

競合店の存在

顧客の外食ニーズに店舗数が追いついていなかった昭和の時代は、よほどの問題が無い限りは飲食店は繁盛していました。

しかし、令和になったこの時代では需要よりも供給の方が多くなってしまっています。つまり競合店というのも増えているのだ。

この「競合店」というのがレストランならレストランだけが競合では無いということも理解していない方も多いのでは無いでしょうか?

今の時代、レストランの競合は食べる事ができるサービス全てが「競合店」と考えた方が良いです。

つまり、ファーストフード、コンビニ、スーパーマーケット、ウーバーイーツなどの飲食ができるサービスは全て競合になります。

人手不足

この問題に関しては飲食業だけでは無いですが、とりわけ飲食業は離職率も高いです。厚生労働省の調べによると平成27年の離職率は28.6%となっています。

なぜこんなにも離職率が高いのでしょうか?

一番大きな要因は間違いなく、労働環境の悪さです。日本の労働基準法では1日に8時間。週に40時間と決められています。

にも関わらず、その労働時間が守られず、1日に12時間〜16時間くらい働きます。いや働かされます。

にも関わらず、オーバーワーク分の残業代は貰えません。残業代が貰えないので、当然ボーナスもありません。

有給などの長期休暇もありません。

そんな労働環境というのも少し前ならわからない事が多かったですが、誰もが情報を発信できるようになり、そんな労働環境で働きたいと思う人が少なくなっているのが現状です。

これにより人手不足になり、後を継ぐ人がいなくて泣く泣く廃業ということもあります。

漫画ワンピースを参考に現実世界を生き抜く!

停泊中の帆船

そんな開店と閉店のサイクルの早い飲食業界で5年、10年どころか、わずか数年ごとに、それぞれのビジネスの領域の市況が変わったり、ルールが変わったりします。

変化著しい中で、目的地に向かって安全な航海を続けることはそう簡単なことではない。

暗礁や氷山が迫ってきたり、悪天候に見舞われたり、大波がやってきたり、船長として、ほんのわずかな判断を間違えるだけで、どれだけ大きな船でも、転覆したり、座礁したり、沈没して海の底に沈む可能性は高いのである。

日本一ダントツで売れている漫画(3億部以上)

『ワンピース』でも、

・東の海:「イーストブルー」

4つの海の中で最弱と言われていて、生息している賞金首の平均金額も 300万ベリー程度。

季節・天候・海流・風向きも常識通りで、通常の方位磁針でも 航海が可能。平和の象徴とされている。

・「偉大なる航路」前半:「グランドライン」

「偉大なる航路」では季節・天候・海流・風向きの全てがデタラメで、様々な超常現象が発生する。

 島々によって季節が異なっており、「春島」「夏島」「秋島」「冬島」の4つに大別され、「偉大なる航路」を生き残るには、「春島の夏」「秋島の冬」など16段階の季節を乗り越えることを最低限必要とする。

各島々が鉱物を多く含むため、強力な地場が発生しており、通常の方位磁針が使い物にならず、普通の航海術が一切通用しない。

その代りに「記録指針(ログポース)」や「永久指針(エターナルポース)」という特殊な方位磁針を利用する。

・「偉大なる航路」後半:「新世界」

常識はずれな事象が更に増す。

世界で最も航海が困難な海。

海流・気候に加え、前半の海で唯一信頼できた磁気までもが変動したり、磁気を失うこともある。

航海には新世界用の「記録指針」が必要になる。

一度でも「新世界」に足を踏み入れた者は口をそろえて「偉大なる航路」前半の海を「まるで楽園(パラダイス)」だったと語り、その多くが脱落して行く。

物語が進むに連れて、イーストブルーグランドライン新世界と航海難易度が上がっていく。

後半では、ほんの僅かなミスが、壊滅的なダメージにつながってしまう。

という物語なのだが、これを現実の世界に置き換えてみると資本主義の日本と漫画の世界ワンピースの世界はリンクしていると言える。

例えば収入分布ならば、

・イーストブルー:年収1,000万円未満

・グランドライン:年収1,000万円~2,000万円

・新世界:年収2,000万円以上

・・・という感じだろうか?

「年収2,000万円以上」とは、『ワンピース』で例えると、「新世界」であり、この中では、書店で出回っているような情報、巷で開催されているような一般的なセミナーで公開されている情報は、ほとんど役に立たなくなって来る。

巷に溢れている情報で年収2,000万円以上を継続できるならば、もっと多くの人がこの「壁」を超える事ができているだろう!つまり必要なのは情報である。

つまり、この情報をいかに入手し続けるか?これがあなたの年収の明暗を・・・いや、生死を分けると言っても過言では無い。

『ワンピース』で「新世界」の航海を経て秘宝「ワンピース」があるとされる「ラフテル」に到達した伝説の海賊一味、海賊王ゴール・D・ロジャーよろしく、リアルのビジネスの世界で、45年以上も現役で航海を続け、大富豪であり続けた方の、本質的な「叡智」と共に、日本の中央、世界中のトップ大富豪から教えていただいた株式投資方法。

しかし、一部「業界特有の情報」に関しては、自分でも他から集め続けなければならない。

「年収2,000万円以上」では、「新世界」のように、常識はずれな事象が更に増す。

世界で最も航海が困難な海。海流・気候に加え、前半の海で唯一信頼できた磁気までもが変動したり、磁気を失うこともある。

・・・世の中の常識とは全く違う世界であり。

常に自分のいる位置を確認しながら、先々に起こりうるだろう問題や困難を想定しながら、できる限り早めに「対策」を立てなければ、到底5年、10年どころか、わずか数年すら生き残り続けることなど出来ない。

共に目指す年収2,000万円の領域

もしも、あなたがまだワンピースで言うところの「イーストブルーの住人」(年収1,000万円未満)だとしても何の心配もいらない。

なぜなら、僕もまだ「イーストブルーの住人」だからだ。しかし、世界中のトップ大富豪の方々から教わった株式投資方法を4年前から実践し、「グランドライン住人」にだいぶ近ずいてきた。

大事なのはまず段階を踏むことだ。

年収300万円の人が急に年収2,000万円にはならない。まずは年収500万円を目指し、700万円を目指し、1,000万円を目指す。

そこをクリアできて、ようやく年収2,000万円の領域「新世界の住人」への挑戦権が得られると思っていただきたい。

もしも、あなたが今の生活から抜け出したと思っていたり、飲食店での独立開業に少しの不安が残っていると言う場合、僕の行なっている株式投資をご確認いただきたい。

その株式投資方法というのは目標年収1,000万円を目指す5メソッドとは?

の第3章でご紹介しています。

ぜひ、一緒に「グランドラインの住人」を目指しましょう。

-Level1

Copyright© 安倍南北の秘密の話 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.