料理人として独立するのか?このまま雇われなのか?そんな悩みを解決する年収1000万円を超えて、理想のライフスタイルを一緒に実現するための、安倍南北のブログ

安倍南北の秘密の話

Level1

なぜ料理人がブロガーに向いているのか? 3つの理由を解説|意外な共通点とは?

投稿日:

僕は、料理人はブロガーに向いていると思う。

この意見に賛同してくれる方は多くないかもしれません。しかしながら、僕の経験から言って料理人がブロガーとして活動するのは向いていると思っています。

その理由を3段階にわけて解説したいと思います。もしも料理人のあなたがブロガー活動を始めようと思っているのなら、是非とも読んでいただきたいと思います。

そして一緒に料理人ブロガーとして活動できたらと思います。

なぜ?料理人がブロガーに向いているのか? 3つの理由を解説

ビジネス パソコン 女性

料理人とブロガーという全く違った職業ですが、よくよく本質のところを見てみると意外と共通点が多いことに気づきました。共通点が多いということはどちらも似たような仕事の仕方になるので、料理人がブロガーになるのも、向いているということになります。

それでは料理人とブロガーの仕事の本質や仕事の仕方の仕方の共通点とは一体どんなものなのかわかりますか?ここでは3つに分けて共通点をご紹介したいと思います。

淡々と仕事する

料理人のあなたは毎日毎日、朝から晩まで仕事をしていると思います。朝に納品された食材を仕込み、ランチでお客様に料理を提供し、再び仕込みをして、ディナーでお客様に料理を提供し、翌日の発注をして帰宅する。

このように料理人の仕事は淡々と毎日繰り返します。もちろん、お客様は毎回一緒ではありませんし、人数も違えば、注文も同じではありません。ですので、全く同じ仕事になるということはありえないのです。それが、料理人としての仕事の面白みでもあり、大変さでもあるのです。

また、料理人の仕事というのは厨房に籠りきりで仕事をします。仕込み中も、ランチ中も、ディナー中もずっと厨房の中での仕事をすることになります。

一方でブロガーというのも、日々ブログの更新をするのが仕事なのです。つまり毎日ブログを書くという点では同じことを淡々と繰り返しているように見えますが、毎日同じ記事を書くわけでもないですし、想定読者が違う場合もあります。

なので、毎日が同じように淡々と仕事をしているように見えて実は全く違ったりするのがブロガーの仕事です。また、ブロガーというのはパソコンがあれば仕事ができるので、部屋で籠ってずっとブログを書くこともできますし、気分転換でおしゃれカフェでブログを書くこともできます。

つまり、ずっと厨房にいなければいけない料理人のように、ずっと同じ部屋で籠って仕事ができるブロガーというのは料理人に向いている職業と言えるのではないでしょうか?

仕事とプライベートが一緒

「料理人とは仕事ではなく生き方だ」という言葉があります。これはどう言うことかと言うと、料理人として働いているからには仕事中に限らず、プライベートでも口に入るものには常に注意を払いましょう!と言うことです。

ですので、仕事が休みの日は食べ歩きをしたり、芸術的センスを磨くために美術館に行ったりしましょうと言う意味の言葉です。つまり、厨房にいないときでも常に料理のことを考えていましょう。それが料理人と言う仕事だ。と言うことです。

僕も10年以上飲食業界で働く中でこのように生きてきたと言えます。例えば、フランス留学中は少ない給料を握りしめて、休みの日に友人と食べ歩きに出かけたり、毎月第一日曜日は美術館に行ったりしていました。

なぜ、第一日曜日なのかと言うと、フランスのパリでは毎月第一日曜日は無料で美術館に入ることができるのです。世界的に有名なルーブル美術館もオルセー美術館も無料で入ることができます。

一方でブロガーと言う仕事も仕事もプライベートもありません。と言うのもパソコンがあればどこでも仕事ができてしまうと言うことは、逆に言えばいつでもどこでも仕事ができてしまうと言うことです。

それが深夜や早朝でも仕事が出来るし、部屋だろうとホテルだろうと、電車の中だろうと飛行機の中だろうとネットに接続する環境さえあれば仕事ができてしまいます。

また、ある程度の収益が生み出せるようになるとあまり手をかけずに収益を揚げることが出来るので、仕事とプライベートの境い目と言うのはあるようでないのと一緒だと言えます。

このように料理人でもブロガーでも仕事とプライベートの境い目がないと言う共通点があるので、料理人がブロガーとして活動していくのは向いていると言えます。 

仕事を組み立てる

料理人の仕事とは何でしょうか?

料理人の仕事は料理を作ることが主な仕事であることは間違いありません。この料理を作る仕事と言うのは最終的にどのような料理に完成させたいかを決めてから仕込みを始めます。

どう言うことかと言うと、まずは作りたい料理を決めます。そこから逆算して必要な材料を選んだり、食材の切り方、美味しくなる手順、仕込みの順番などを逆算して料理を始めます。

早いものでは10分〜15分かもしれません。ベーコンなどは1週間かもしれません。チーズなどは数年かかって作ります。つまりは完成形をイメージして、一番効率よく、美味しく出来る方法で料理を作っていくのが料理人の仕事であると言えます。

この料理を組み立てる順番が上手い人ほど美味しい料理が作れると行っても過言ではありません。所謂手際が良いとされる仕事です。

一方のブロガーと言うと仕事を組み立てると言うイメージはあまりないのではないでしょうか?しかし、ブログで稼いでいる人の話を聞くとかなり戦略的にブログを組み立てて収入を得ています。

例えば、ブロガーの収益の一つにアフィリエイトというものがあります。アフィリエイトについては説明もいらないと思いますが、簡単に言うと商品の紹介手数料で報酬を得ると言う方法です。

ブロガーの書いているブログから商品を紹介して、そのブログから読者に購入してもらうとブロガーに手数料が入ると言う仕組みです。ですので、ブロガーがその商品を売りたいと思った時にはかなり戦略的に仕事を組み立てています。

その商品を購入するメリットを紹介したり、デメリットを紹介したり、その商品を使うとどうなれるかを表現して心理的に揺さぶりながら読者に購入を促すようにブログを書いています。

このように料理人もブロガーも最終的にどうしたいかを決めてから、作り始めると言う仕事の組み立て方は全く同じと言えます。このような共通点から料理人がブロガーに向いていると言えます。

料理人とブロガーの決定的な違い

悩む 女性 パソコン

料理人と言う仕事とブロガーと言う仕事の共通点をご紹介しました。料理人はお客様に料理を提供して喜んでもらう。ブロガーは読者に有益な情報を提供して喜んでもらう。と言う、全く異なる職業のように見えて本質的には近い職業だと言うことがわかると思います。なので、料理人がブロガーに向いてると言えます。

しかし、料理人とブロガーの決定的な違いがあります。それが何かわかりますか?

その決定的な違いと言うのは仕事を積み上げられるか、積み上げられないかの違いです。これはどう言うことかと言うと。料理人はお客様に料理を作ります。お客様はそれを食べてお金を支払います。そこで利益が1000円出たとします。

もし、同じ利益を出そうと思ったらもう一度同じ料理を作って提供しなければいけません。その料理にかける仕込みの時間は30分だったり1時だったりします。つまりはその都度仕事を消化しなければなりません。

一方、ブロガーの場合は仕事を積み上げることができます。1時間かけて1,000文字の記事を書いても、10時間かけて10,000文字の記事を書いても同じ1ページで書けば書くほど仕事を積み上げることができます。

ですので1つのページで100円の利益がでるページを10ページ持っていれば収益が1,000円になります。これは何もしなくても毎月のように1,000の収益を得ることができます。

このページが100ページになれば、当然10,000円の収益になります。これが仕事を積み上げられると言うことです。料理人の仕事ではこのように仕事を積み上げる事が出来ません。なので当然収入にも違いが出てきてしまいます。

ブロガーの方が仕事を積み上げれば積み上げるだけ、収入が増え、自由な時間が増えることになります。

安倍南北は???

では、僕の場合はどうなのか?僕も料理人として10年以上飲食業界にいます。若い頃は海外にも修行に行ったりもして、1日の労働時間は13時間で週に1日しか休みがないと言う生活を送っています。

そんな中2018年から本格的にブロガー活動を始めました。しかし、料理しか作っていなかった僕にはかなり苦痛な仕事でした。と言うのも料理人と言うのは1日中立ち仕事をしているので、仕事中は立っているのが基本ですね。

ところがブロガーと言うのは座って記事を書くので、まず長時間座る事が苦手な僕には慣れるまでが大変でした。また、パソコンで文章を書くと言うのも初めての体験だったのでどうしたらいいかわかりませんでした。料理のレシピなどをパソコンで書いたりはしていたものの、文章となると全く別物です。

なので本を読んだり、セミナーに行ったりしてライティングなどを学びました。そうする事で何とか最低限に読めるくらいの文章を書く事ができるようになりました。

慣れない苦痛なブロガー活動を続けられるモチベーションとは?

そんな苦痛に感じているブロガー活動を続けるモチベーションとは一体何なのでしょうか?これはやはり自分の書いた記事で収益が発生した時です。自分が書いた記事を誰かが読み、何かに役立ち、商品を購入していただいた。それにより僕にも収益が入る。

やはり、収入面での成果が出ると続ける事ができますし、モチベーションも上がります。先ほどもご紹介したように、ブロガーは積み上げる事で収入が増えます。

例えばブロガーを初めて10ページ書いたところで100円の収益が上がったとしたら、あとはそれを10倍、100倍にすれば収益も10倍、100倍になる可能性があります。

もちろん単純計算でそのようにうまく行くかはまだわかりません。けれどもブロガーと言うのはそれだけの可能性を秘めた仕事だと言うことを感じさせてくれます。

ちなみに僕現在このブログとは別にブログを運営しています。そのブログは現在、ページ数が172ページ(2019年6月)で毎月の収益は約1万円くらいになっています。

記事数としては休みの日や空いてる時間を使って1ヶ月に20記事くらいは更新しています。1ヶ月で20記事と言われると大変そうと思うかもしれませんが、成果が出ていると全然苦になりません。

単純に記事数を増やせば、収益も上がるだろうと感じる事ができるからどんどん書けるようになります。むしろ毎月100記事くらい更新したいところですが、飲食店で勤務しながらでは中々難しいなと感じています。

なので、最近では僕は料理よりもブロガー活動の方が楽しくてしょうがないです。まだまだ専業ブロガーにはなれませんが、是非一緒にブロガー活動を目指して見ませんか?

-Level1

Copyright© 安倍南北の秘密の話 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.